建築・契約の流れ

建築の流れ

  • 地盤調査
  • 地業
  • 基礎工事
  • 上棟
  • 屋根工事
  • 外壁工事
  • 断熱工事
  • 設備工事
  • 建物完成

1.地盤調査

第三者機関による地盤調査
基礎工事の前に、外部の地盤調査会社に依頼して、地盤の調査をおこないます。これにより地盤強度など、その地盤が持つ性質を把握することができます。
調査後は調査報告書に基づいて基礎の設計や地盤補強工事を行います。

2.地業

遣り方(やりかた)
遣り方とは工事に先立って、貫(ぬき)や杭(くい)などで土工面や構造物の位置を表示し、施工の目安にすることをいいます。
最近では、光学機器で水平ラインなどを割り出すことができるので、予定される建物の正確な位置などをしっかりと把握できます。

割栗石(わりぐりいし)敷詰
12~15cmくらいに割ってある石材を基礎の下に敷き、その後しっかりと突き固めていきます。
これは割栗地業とも呼ばれる作業で、地盤を強固にする効果や、建物の荷重を基礎から地盤に均一に伝えて不同沈下を防ぐ効果があります。

捨てコンクリート
捨てコンクリートは基礎コンクリートを作る前に、地盤の上に打設されるコンクリートのことです。
地盤の上に新しく水平面を作り出すことでその後の作業を正確に行うことができます。
また捨てコンクリートには直接、墨出し(部屋などの位置を確定させる線描き)も同時に行います。

3.基礎工事

配筋工事
捨てコンクリートの上に鉄筋を格子状に組んでいきます。 この際、ピッチ(この格子の一辺の長さ)に注意しながら組み上げていきます。

コンクリート流し込み
すべての配筋が組み終えたら木製の型枠を組み立て、コンクリートを均一に流し込みます。基礎は配筋された鉄筋とコンクリートが一体になったものなので、鉄筋の間にもしっかりとコンクリートが入り込むように作業します。

基礎完成
配筋にコンクリートを流し終えると、コンクリート中の空気を抜く作業を行います。その後、コンクリートの様子を見ながら数日間乾かすと基礎の完成です。

4.上棟

基礎パッキン(土台工事)
基礎パッキンとは、基礎と土台の間にはさみ込むゴム製の部品のことです。
基礎パッキンを用いる工法を基礎パッキング工法といいます。パッキンを使うことで基礎と土台の間にすき間をつくり、湿気の溜まりやすい床下の換気を行うことができます。

1階工事
まずは1階部分の壁をつくります。
外壁の下地材には、地震に強く防腐と防蟻に優れた「ダイライト」を施工、1階の壁ができたら天井(2階の床)を作ります。※仕様により異なります。

2階工事
1階の工事が終わると次は2階です。床、壁部分の作業が終わると屋根の工事に入ります。
ここまでの工事が終わると、建物の形状が分かります。

5.屋根工事

構造用合板施工
屋根工事ではまず、下地になるの構造用合板を施工します。屋根を構成する基本的な部分なので、周囲の壁としっかりと固定します。

※仕様により異なります。

防水処理
下地の施工が終わると、その上に防水処理を施します。処理には耐久性のある特殊な防水シートを使用し、構造用合板に隙間なく貼っていきます。この作業は雨漏りを防ぐための大切なもので、チェックも入念に行います。

屋根材施工
防水処理後、屋根材のスレート瓦を施工していきます。スレート瓦はカラーベストやコロニアルと呼ばれることもあります。
すべての瓦葺き完了すると次は外壁工事に移ります。

6.外壁工事

防水処理
屋根工事が終わると外壁の工事に移ります。まずは屋根工事と同じく、外壁下地に防水シートを貼っていきます。

外装材施工
防水シート施工後、外装材(サイディング)を施工します。この工事が完了すると、外観のデザインも分かるようになります。

7.断熱工事

硬質ウレタン吹付
外気に接する壁には、硬質ウレタンフォームを柱と柱の間に充填するように吹き付けていきます。多くの材料と自己接着しますので、複雑な構造物に対しても隙間の無い連続した断熱層を作ることができます。
内壁面に合わせて表面をカット成形した後、内装材・化粧材を施工します。

※仕様により異なります。

8.設備工事

屋内工事には各種設備工事があります。その家の設備仕様に応じて、様々な工事を行っていきます。 温水床暖房用の床下温水配管や各種配線などの工事は、内装材を施工する前に工事を終えてしまうものもあります。
その他、窓ガラスやキッチン、洗面、トイレなどの設置物の工事も行います。

9.建物完成

建物完成
外装、内装、設備の工事が完了し、各所の検査を終えると建物の完成となります。

※植栽等の外構工事は建物完成後に行うこともあります。

契約の流れ

  • 希望条件のヒアリング
  • 資金計画(仮審査)
  • 土地を探す
  • 土地の契約
  • 建物プランニング・設計
  • 住宅ローン本申込み
  • 建築(着工・上棟・竣工)
  • 建物完成
  • お引渡し

1.希望条件のヒアリング

自分の希望する条件を全てあげたら切りがないとは思いますが、土地から建築を考える始めの段階として最低でも「エリア」「広さ」「予算」のイメージを明確にしておいて下さい。住みたいのはどのエリア、どの沿線と駅なのか、どれくらいの広さの土地にどれくらいの大きさの家を建てたいのか“土地と建物にかけられる予算と希望条件は合っているかの確認”として、まずは希望条件のヒアリングをさせて頂きます。

2.資金計画(仮審査)

何よりも重要なのが資金計画です。土地代金+土地購入の諸経費(印紙代、登記費用、税金、ローン手数料)建築費+付帯工事費用(地盤調査、ガス・上下水道の配管代、外構費用、登記費用、各種申請代)建物完成後(家具・家電、オプション工事代、引越し費用)その他、建物着工時と上棟時の中間金などがありますが、土地から建築の場合、一般的には始めに土地代金の融資を受け、建物完成までのおよそ半年間は土地融資の利息分のみ支払う「分割融資」と着工と上棟時にローンがおりる「つなぎ融資」を利用される方が多くなります。建物完成後に初めて土地+建物の総額での住宅ローンがスタートします。資金計画でおおよその総額を把握しておく事がとても重要になります。

3.土地を探す

住みたいエリアや建物のイメージ、おおよその予算が決まったら具体的に土地探しをはじめます。駅までの距離、買い物の利便性やお子様の学校までの距離、周辺の住環境などから譲れない条件を絞っていきます。住宅のイメージや土地の広さはモデルハウスや完成済みの建売物件の見学で目安をつかみながら、建てたい家に必要な土地の広さを確認します。駐車スペースは何台分必要?庭はどれくらい欲しい?日当たりは?など条件によって選択する土地も変わって来ます。また、土地探しと並行して建築会社選びに必要な建てたい家のデザインテイストや工法、住宅性能、設備などの条件も具体的にイメージする事も重要になります。

4.土地の契約

希望する土地が見つかったら土地を契約する前にその土地にイメージした家が建てられるかどうかの敷地調査を行います。「その土地にどのような家が建てられるか」を調査するもので、面積、方位、形状、高低差、道路の位置、周りの建物や樹木の把握、電気・ガス・上下水道、各種法的制限の把握をするものです。建築する際に必要な地盤の性質を持っているかなども調査することで、地盤改良などの追加工事の有無をある程度確認することができます。

5.建物プランニング・設計

具体的に自分たちで建てたい家のイメージを決めます。まず“新居でどんな暮らしをしたいかを話し合う”ことです。「陽射しをたくさん入れた家にしたい」「吹き抜けのある開放感のある家にしたい」「キッチンは広く」「子供部屋は将来、間仕切りして2部屋にしたい」など、希望を書き出しておきましょう。それぞれに優先順位をつけたうえで建築会社に相談し、予算に合わせた設計や建物のプランニングをしてもらいましょう。

6.建物請負契約・住宅ローン本申込み

希望する土地が見つかったら土地を契約する前にその土地にイメージした家が建てられるかどうかの敷地調査を行います。「その土地にどのような家が建てられるか」を調査するもので、面積、方位、形状、高低差、道路の位置、周りの建物や樹木の把握、電気・ガス・上下水道、各種法的制限の把握をするものです。建築する際に必要な地盤の性質を持っているかなども調査することで、地盤改良などの追加工事の有無をある程度確認することができます。
建物のプランが決まったら工事内容と費用面を最終確認し納得することができたら「建物請負契約」を締結します。請負契約後の変更は予算オーバーにつながりやすいので、付帯工事費や諸費用の見積もりも確認し、建築の流れの説明を受けながら内容と金額を細かくチェックします。また、同時に住宅ローンの本申込みもこの時期になります。この段階で予算をオーバーしそうであれば、建物のグレードを落とすなどコスト調整が必要な場合もあります。

7.建築(着工・上棟・竣工)

土地の決済(引き渡し)を受ければいよいよ建築が始まりますが、建築開始前の地鎮祭、上棟時には上棟式、近隣住民への挨拶などやるべきことはたくさんあります。
また施工現場に積極的に足を運んでみて下さい。自分で設計した家が完成するまでの施工途中の様子もわかりますし、マイホームへの愛着も増すでしょう。また現場の職人さんと身近に触れ合うことで建てる側と造る側のお互いがより満足できる家づくりができることでしょう。

8.建物完成

完成立会いと呼ばれる施工会社の担当者や工事管理者等と一緒に建物をチェックします。床や壁などに汚れやキズがないか、建具がスムーズに動くかなどをしっかり確認しましょう。もし不具合があれば、引き渡しまでに補修することになります。その他、建築基準法に基づいて第三者機関による「完了検査」もあり、こちらを無事に通過すれば、ほぼすべての手続きは完了となります。

9.お引渡し

約半年かかった住宅の引き渡しとなります。家の鍵や保証書などを受取り夢のマイホームでの暮らしが始まります。これから暮らしていくうちに何か不具合が発生することもあるかもしれません。「定期点検はいつなのか」「無料補償期間はいつまでか」など、アフターメンテナンスについても忘れずに確認して下さい。